自分にピッタリの自転車を選ぶ

愛車との自転車ライフを楽しむために
自分にピッタリの自転車を選ぶ

「自転車が欲しい」と思い立っても、いざ選ぶとなると何を基準に選べばよいのか、分からないことも多いもの。
購入後に後悔しないためには、目的に合った自転車選びが大切です。そのポイントをご紹介します!

自転車を何に使いたいのか考えて選ぶことが肝心!

そろそろ自転車を買い換えたい、趣味として自転車を始めてみたいというみなさん。いざ選ぼうと思っても、種類がイロイロありすぎて何を選べばよいのか困惑することはありませんか?単純に、見た目がカッコいいとか、色が気に入ったというような直感も自転車選びのポイントのひとつですが、それだけでは失敗してしまうこともあるので要注意。自転車を選ぶには「用途」が重要なポイントなのです。

自転車を身近なものに置き換えてみるとします。例えば「靴」。ランニングをするのに登山靴を履いては重くて走りづらいし、登山をするのにサンダルでは歩くのもひと苦労です。自転車も同様で、使い方に合ったものを選ぶのが大前提。いくら便利な乗り物とはいえ、用途を無視した使い方をしては逆に不便になってしまうこともあるのです。まずは目的をしっかりイメージしてそれに沿ったものを選ぶことが大切です。その上で色やデザインが気に入ったものを選べばより愛着も湧くし、間違いが少なくなります。

早速、自転車にはどんな種類があって、それぞれどんな使い方に適しているのかをチェックしましょう!欲しいジャンルが思い描けたら、早速お気に入りの愛車を探しに出かけませんか?

チャート

通勤・通学、お買い物など普段使いにオススメ

子供乗せ

子供乗せ

お子さまを乗せた状態でもハンドル操作がフラつかない安心設計の自転車。乗せ降ろしをしやすい安定感あるスタンドや、またぎやすいフレーム設計など便利さが魅力。最近はお子さまふたりを同時に乗せられる3 人乗りタイプもあります。

シティー・ファミリー(通勤・通学)

シティー・ファミリー(通勤・通学)

一般に、通勤・通学や買い物等に利用されるタイプの自転車。日常的に利用するために必要な「カゴ」をはじめ、雨の日や雨上がりでも安心の「泥よけ」や、裾汚れを防ぐ「チェーンガード」が装備されています。服を選ばずに乗りやすいフレーム形状が特徴です。

キッズ&ジュニア

キッズ&ジュニア

お子さまの成長に応じて、補助輪付きの幼児向けから、小学校低・中学年向けの自転車。長く乗れれば…と、つい大きいサイズを選びがちですが、お子さんの安全のためにも身長に合った適正サイズの自転車を選ぶことが重要です。

電動アシスト

電動アシスト

バッテリーを搭載し、充電をして使うことで、こぐ力をモーターがアシストしてくれる自転車。こぎ出しや、坂道などでのアシストは力強く、日常の買い物用や、お子さまの送迎用として、子供乗せタイプも人気の高いジャンルです。

趣味やスポーツとして楽しみたい方にもオススメ

マウンテンバイク(MTB)

マウンテンバイク(MTB)

山などの悪路を走ることを想定した自転車。頑丈なフレームに、路面の凸凹に対応するクッション性の高いブロックタイヤやサスペンションなどを装備しているのが特徴。泥詰まりしにくく制動力の高いVブレーキやディスクブレーキが採用されることが多い自転車です。

ロードバイク

ロードバイク

舗装路を速く走ることに特化した自転車。溝が浅く幅の細い高圧タイヤとドロップハンドルが特徴。高速走行のために軽量化も図られ、泥よけやスタンドといったパー ツが装備されないことが多い。スポーツとして幅広い年 齢層に親しまれています。

ミニベロ・折りたたみ

ミニベロ・折りたたみ

一般的にタイヤサイズが20インチ以下の小径車や折りたたみタイプの自転車。小さなタイヤは市街地での取り回しのよさやこぎ出しの軽さが魅力。クルマに積んで出かけたり電車を利用する「輪行」をしたりして、遠方でのサイクリングを楽しむ人も多い自転車です。

クロスバイク

クロスバイク

ロードバイクとMTBのメリットを兼ね備える自転車。ロードバイクと同タイプのタイヤは高速走行もでき、MTBに使われるVブレーキやディスクブレーキの採用で、制動力も高くなっています。扱いやすいフラットタイプのハンドルも特徴で街乗りに人気の自転車です。