安心して出かけるために交通ルールを知っておこう! -自転車の交通ルール編

一般的なシティサイクルに乗っていると、歩道を走るのが当然と思いがちですが、実は自転車は道路交通法上、「軽車両」として扱われ、軽車両は車道を走るのが基本ですので、原則としては、歩道を走るのは間違いとなります。他にも、何気なくやっていたことが実は違反ということは多々あります。知らなかった……と失敗する前に、交通ルールをしっかり覚えておきましょう。

道路交通法が改正され、平成27年6月1日から施行されます!

自転車は道路交通法上、「軽車両」として扱われることを意外と知らない人が多いようで、知らぬ間にルール違反をしている人を多く見かけます。今までは警官に注意されるだけですんでいたこともあるようですが、道路交通法の改正で取り締まりが厳しくなり、罰則も科せられる場合もあります。罰されるからではなく、違反行為をしっかり把握し、ルールを守った安全な走行を心がけましょう!

違反するとどんな罰則が?

信号無視や通行禁止違反などの「危険行為」(以下で説明)を行ない、3年以内に2回以上摘発されると公安委員会より講習の受講を命じられます。その講習を受講しないと5万円以下の罰金が科せられます。これは成人だけでなく、14歳以上に適応されます。

点線

知っているようで知らない?!罰則が科せられる「危険行為」をチェックしよう!

誰もが分かる当たり前のルールはもちろん、知らぬ間に違反してしまっていそうな「危険行為」を抜粋しました。しっかり把握して、お子さまや周りの人たちへも伝えてあげましょう。

  • 危険行為

    信号無視

    自転車に限らず、歩行者、クルマなど誰もが守るべき交通ルール。ちょっとした油断が大事故につながることも。信号はしっかり守りましょう。

  • 危険行為

    交通区分違反

    自転車は道路交通法上「軽車両」となるため、車道を走るのが基本です。車道は左側通行で、右側を走ってはいけません。それは路側帯であっても同様で、右側走行は禁止です。

  • 危険行為

    歩道での徐行違反

    車道走行が原則である自転車ですが、「自転車通行可」の標識がある場合は歩道を走ることができます。ただし、その場合も歩道は歩行者が優先で、自転車は歩道の車道寄りの部分を徐行しなければいけません。歩行者が多い場合や歩道が狭い場合は安全のために自転車を降りて歩きましょう。

  • 危険行為

    一時停止違反

    自転車は軽車両のため、クルマと同様「一時停止」の表示に従う必要があります。

  • 危険行為

    ブレーキを装備しない自転車の運転

    自転車は安全に停車するための「ブレーキ」を装備することが定められています。そのため、ブレーキがない、壊れているなどの自転車を運転することは禁止されています。

  • 危険行為

    飲酒運転

    自転車は「軽車両」扱いとなるため、もちろん飲酒運転は禁止!ちょっとだけなら……と乗ってしまい、周囲を巻き込む事故を起こしてしまったら取り返しがつきません。「飲んだら乗らない!」「乗るなら飲まない!」を忘れずに。

  • 危険行為

    安全運転義務違反

    携帯電話を使用しながらや、傘さし運転など、安全に走ったり止まったりすることができない状態での運転は違反です。

上記に加え、下記7項目の全14項目が危険行為に該当します。

  • 通行禁止違反
  • 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  • 歩道での歩行者妨害
  • 遮断機が下りた踏み切りへの立ち入り
  • 交差点での優先車妨害など
  • 交差点での安全進行義務違反など
  • 環状交差点での安全進行義務違反など

他にもチェックしておきたい交通ルール

交差点の走り方

STEP 1

信号のある交差点(自転車用信号や横断帯がない場合)

歩行者・自転車専用信号機がない場合は対面する信号機に従います。右折する場合は斜めに進まず、道路の左側を走り横断してから2段階で右折します。

STEP 1

歩行者・自転車専用信号機と横断帯のある交差点

「歩行者・自転車専用」表示がある場合、その信号が優先です。交差点内では車道ではなく、自転車横断帯を走ります。もちろん右折する場合は斜め横断せず、赤信号で停止する時はいったん歩道に上がります。

STEP 1

左折通行帯がある交差点

左折通行帯がある車道で直進したい場合、自転車は直進の通行帯ではなく、左折車通行帯を直進します。ただし、危ないと思ったら無理せず歩道に上がり自転車を押して歩きましょう。

追い越しには注意が必要

車道を走っていると路上駐車に遭遇することが多々あります。駐車車両を追い越す場合は、「もしかしたらドアが開くかもしれない」という予想をした上で、クルマとの距離に余裕を持って走りましょう。また、後ろから近づいてくるクルマとの距離を確認することも重要です。無理な追い越しはせず、立ち止まってタイミングを図る心のゆとりが安全につながります。

追い越しには注意が必要

安心して自転車に乗るために安全装備をしっかりと!

ライト、反射板

ライト、反射板

夜間走行の必需品。安全&快適に走るために、ライトは点滅タイプではなく、前方をしっかり照らせる明るさのものを選びましょう。前方を照らすライトは「白色」または「淡黄色」、後方に自分の存在を知らせる反射機材(リフレクター)や尾灯は「赤色」を装備します。またライトや反射板が装備されている自転車についても夜間走行する場合は、ライトがしっかり点灯するか、反射機材(リフレクター)が装備されているか尾灯が点灯するか確認しましょう。

ヘルメット

ヘルメット

車道を走る自転車は速度域も高くなるため、万が一の転倒や事故に備え、頭部をしっかり守るヘルメットをしっかりかぶりましょう。

グローブ

グローブ

手に伝わる衝撃を緩和して疲労を防ぐだけでなく、転倒時のケガからも手を守ってくれるアイテムです。

バックミラー

バックミラー

後方の車の確認できより安全に走行できるアイテムとなります。

快適な自転車ライフをおくるためにはメンテナンスも大切です

メンテナンス

安全で快適な自転車ライフをおくるためには、装備を整えるだけでなく、日常的な整備も大切です。とはいえ、メンテナンスというとハードルが高く感じるもの。そこで、最低限やっておきたいのは「空気をしっかり入れること」。タイヤの空気は少しずつですが自然と抜けていきます。空気が抜けた状態で走るとタイヤはパンクしやすくなる上、漕ぎが重くなって疲れやすくなります。空気をしっかり入れて、軽快な走りを堪能しましょう!

メンテナンスは大切ですが、自転車の調子がどこかおかしいなど、自分で対処が難しいと思ったら、無理をしないで近くのショップにオマカセしましょう!

さらに、安心の自転車ライフをおくるために

イオンバイクでは新車をご購入時にご加入いただける「自転車あんしんパック」をオススメします。

4つのあんしんと自転車保険をプレゼント 「自転車あんしんパック」

※詳しくは店頭係員におたずねください。
※イオンバイクオンラインショップでご購入いただいた商品はご加入いただけません。

特集