はじめよう、私らしい自転車ライフ -ロードバイク実践編 いつもより遠くへ走り出そう!

前回、ロードバイクの選び方から必要なグッズまで、基本的な情報をギュッと盛り込みましたが、今回は乗り方&楽しみ方の実践編です。あこがれのロードバイクを手に入れたものの、今までシティ車にしか乗ったことがないから不安……という人でも安心して走り出せる「乗り方」の基礎をお届けします。

せっかくならカッコ良く乗りたい!ロードバイクの正しい乗り方とは?

長距離を効率よく走ることが求められるロードバイクには、無理なく走るための基本的なフォームがあります。せっかく自転車がカッコいいのに、乗り方がカッコ悪かったらもったいない! 個性や好みもあるので一概にはいえませんが、まずは基本を確認して、そこから自分の走りやすい体勢を探ってみましょう。

正しい乗車姿勢

正しい乗車姿勢
正しい乗車姿勢 腕

腕はピンと伸びきらず、ヒジに少し余裕が残るくらいの前傾姿勢。

正しい乗車姿勢 背中

背中は反らさず、自然と弧を描くポジション。お腹と腰で上体を支えれば体への負担が少なくなります。

正しい乗車姿勢 脚

ペダルは土踏まずではなく、拇指球(ぼしきゅう)と呼ばれる足の親指の付け根のふくらんだ部分で踏むと力が入りやすくなります。

シティ車のようにサドルにドッカリ腰をかけるのではなく、サドルとハンドルを同じくらいの高さに合わせ、手の平とお尻にバランスよく体重が分散されている状態が理想です

サドルの高さは、ペダルを踏み込んだときにヒザが伸びきらず、曲がりすぎず、スムーズに回転運動ができる位置にセットします。

よく見かける、ちょっと残念な乗車姿勢

ちょっと残念な乗車姿勢

腕が突っ張って、背中が反り返り、アゴが前に突き出た姿勢。見た目がカッコ悪いだけでなく、力や体重の掛かり方がアンバランスになり、体への負担が増えてしまいます。

ロードバイクの乗車方法

フレームが高い位置にあるロードバイクは、シティ車のように足を前側から回して跨ぐのではなく、後ろから跨ぐのが一般的です

正しい乗車方法

正しい乗車方法

車体をあらかじめ傾けておいてから跨げば無理なくラクに乗車することができます。

ちょっと大変な乗車方法

ちょっと大変な乗車方法

車体を垂直に立てたままの乗車は、サドルが足に引っかかることもあり難度が高くなってしまいます。

ロードバイク停車時の姿勢

ロードバイクに限らず、スポーツ車は足の回転効率を高めるためにサドル位置を高めにセットします。そのため、シティ車とは違い、サドルにお尻をのせた状態では足が地面にべったり着かないのが正解なのです。スムーズに乗りはじめるために、停車時の姿勢もチェックしておきましょう。

正しい停車時の姿勢

正しい停車時の姿勢

お尻はサドルに乗せず、フレームをまたぐ形で片足を着きます。再びスタートしやすいようにもう片方の足はペダルに乗せておきましょう。ペダルを踏み込みながらサドルにお尻を乗せるとスムーズです。

ちょっと大変な停車時の姿勢

ちょっと大変な停車時の姿勢

片足が地面に着くギリギリの状態で停車するのは、見た目がスマートでないだけでなく、不安定でよろけてしまう危険もあるので要注意です。

自転車はどこを走る?

自転車は車道の左端!

自転車は道路交通法上「軽車両」です。シティ車など、歩道を走っている自転車も多いため、あまり知られていないかもしれませんが、「自転車は車道の左端を走る」のが原則で、クルマと同じく左側通行です。たまに逆走している人を見かけますが、違反なのはもちろん(路肩を除く)危険なので絶対にやめましょう。

自転車は車道の左端!

交差点での注意点

自転車は「軽車両」のため、走る場所は車道ですが、走り方はクルマと同じではありません。とくに交差点を直進する場合や右折する場合には注意が必要です。

信号のある交差点(自転車用信号や横断帯がない場合)

信号のある交差点(自転車用信号や横断帯がない場合)

歩行者・自転車専用信号機がない場合は対面する信号機に従います。右折する場合は斜めに進まず、道路の左側を走り横断してから2段階で右折します。

歩行者・自転車専用信号機と横断帯のある交差点

歩行者・自転車専用信号機と横断帯のある交差点

「歩行者・自転車専用」表示がある場合、その信号が優先です。交差点内では車道ではなく、自転車横断帯を走ります。もちろん右折する場合は斜め横断せず、赤信号で停止する時はいったん歩道に上がります。

左折通行帯がある交差点

左折通行帯がある交差点

左折通行帯がある車道で直進したい場合、自転車は直進の通行帯ではなく、左折車通行帯を直進します。ただし、危ないと思ったら無理せず歩道に上がり自転車を押して歩きましょう。

追い越しには注意が必要

車道を走っていると路上駐車に遭遇することが多々あります。駐車車両を追い越す場合は、「もしかしたらドアが開くかもしれない」という予想をした上で、クルマとの距離に余裕を持って走りましょう。また、後ろから近づいてくるクルマとの距離を確認することも重要です。無理な追い越しはせず、立ち止まってタイミングを図る心のゆとりが安全につながります。

追い越しには注意が必要

手信号を活用しましょう

手信号を活用することで後続のクルマなどに進行の意思が伝わり、事故の危険を最小限に抑えることができます。ただし、手信号の際は片手運転になるため、無理のない範囲で行いましょう。

一般的な手信号

左折
左折
左折

仲間など数人で走る際の合図

こちらはルールではありませんが、仲間など数人で走る場合、後ろを走る相手が安全に走れるよう、合図を決めておくとよいでしょう。ここではよく使われる例を紹介します。

曲がります
減速します
止まります
障害物があります

ロードバイクに乗るのが楽しくなってきたら、ツーリングに出かけよう!

ロードバイクで走ることに慣れてきて、もっと遠くまで走ってみたい!と感じたら、目的地を決めて出かけましょう。せっかく本格的なスポーツ自転車に乗るのだから、20km先、50km先など、今まで自転車では出かけたことのない距離にチャレンジしてみるのがオススメです。ただひたすら走ることもロードバイクの楽しみ方ですが、走ること意外の楽しみを目的にするのも長続きの秘訣。隣町で美味しいと評判のラーメンを食べに行く、クルマでは移動しづらい観光地に行くなど目的はさまざまです。仲間を誘って出かければ、ちょっと遠いと感じる目的地までの道のりもイベント気分で楽しめます。

ツーリング時にあると便利なアイテムはこちら

サイクルコンピュータ

サイクルコンピュータ

自分は今どれくらいのスピードで走っているのか、今日は何km走ったかなど、走行情報がひと目で分かるサイクルコンピュータ。数値が目に見えるため走るモチベーションがアップしそう!カロリー消費量がわかるものなどもあり、ダイエットにも効果大!?

サイクルコンピュータ

ビンディングシューズ&ペダル

ペダルとシューズを一体化させることで効率の良いペダリングを実現するシステム。ペダルを踏み込む力だけでなく、引き上げる力も無駄なく使えるため、長距離走行での疲れも軽減します。ちょっと練習すればすぐに慣れて快適走行が味わえます!

長距離を走る時にあると安心のアイテム

長距離を走る時にあると安心のアイテム

ちょっとしたトラブルにも慌てないために、パンク修理キットや携帯工具など、必要最低限の小物を準備しておくと安心です。サドルバッグなどを装着すれば気軽に持ち運べるので便利です。

ロードバイクをはじめるための準備ができたら今度の休日、早速走りに出かけましょう!次回もお楽しみに!
特集