はじめよう、私らしい自転車ライフ -ロードバイク基礎編 いつもより遠くへ走り出そう!

このページにたどり着いたみなさんは、自転車が気になっていたり、買い換えを考えていたりするのではないでしょうか。せっかくの「スポーツの秋」ですから、自転車で運動してみてはいかがでしょう。ちょっとした移動や買い物ならシティ車が便利ですが、残念ながら趣味としての特別感はありません。スポーツ自転車初心者にオススメのクロスバイクは気軽に始めるにはピッタリですが、より速く、より遠くへ、“スポーツ感”を満喫したいなら「ロードバイク」がオススメです!

ロードバイクってどんな自転車?

一見するとかなり本格的で、ハードルが高く感じてしまうロードバイク。
レースをするような“本気”の装備で乗っている人たちを見かけると、ついつい尻込みしてしまうかもしれません。
けれど、その楽しみ方は自分次第。実際、若い人から年配の方まで多くの人々がロードバイクの魅力に取り憑かれています。その本質を探る前に、ロードバイクがどんな自転車なのかをチェックしてみましょう。

ロードバイク イメージ画像

そもそも、ロードバイクとはどんな自転車のことでしょう?その特徴を紹介します。

  • ドロップハンドル

    ドロップハンドル

    シティ車など、一般的な自転車と比べて明らかに違うのが「ドロップハンドル」。下向きに大きく湾曲した形状が特徴で、走るシチュエーションやスピード域に合わせて握る部分を変えることで走りやすい姿勢を作り出します。

    ドロップハンドルの握り方

    ドロップハンドルには大きく分けて、握る場所が3つあります。

    • ドロップハンドルの握り方-1

      握ったままブレーキ操作(変速レバー一体型の場合変速操作も)が行える、ロードバイクの基本的なポジション。

    • ドロップハンドルの握り方-2

      ハンドルの上部分を握るポジション。上体が起き上がるため、リラックスした体勢を取ることができます。

    • ドロップハンドルの握り方-3

      ハンドルの下部分を握ることで深い前傾姿勢を取ることが可能になります。空気抵抗を減らしたり、力を入れて漕いだりするのに適しています。

  • 変速レバー

    変速レバー

    ブレーキレバーと変速レバーが一体化した「デュアルコントロールレバー」が一般的。レバーから手を離さずに、変速・ブレーキ、それぞれの操作が可能ですが、メーカーによって操作方法が異なるため事前に確認しておきましょう。一部、クラシックなタイプのロードバイクの場合、変速レバーがフレームに装備されているモデルもあります。

  • 軽量フレーム

    軽量フレーム

    おもに軽量なアルミフレームが採用されているため、低価格帯のモデルでも重量は10kg台前半。20kg前後の重量がある一般的なシティ車と比べて断然軽量! 高価なものになるとカーボン素材を使用し、重さが6kgを切るようなモデルも存在します。

  • 細めのタイヤ

    細めのタイヤ

    シティ車など他の自転車と比べ、高速走行や長距離走行を想定しているため、路面から受ける抵抗のより少ない細めのタイヤが採用されています。タイヤの側面に記される「700×●C」の●の数字はタイヤの太さを表します(700は一般的なロードバイク用タイヤ外径の呼称)。タイヤの太さはおもに23C・25C・28Cなどがあり、この数字はタイヤ幅(mm)を示しています。細いほど高速走行向き、太いほど快適性重視といった傾向があります。

  • 変速段数

    変速段数

    シティ車と比べ変速段数が多く、登り坂ではより軽いギア(スピードは出ないが軽い力でラクに登れる)、スピードを出したいときは重いギア(少ないペダルの回転数でスピードが出るが漕ぎが重い)を用意。ロードバイクの場合、スタンダードなモデルは前側のギア板が2枚、後ろ側のギア板が7枚以上という組み合わせが一般的。上級モデルになると後ろ側が11段というモデルもあります。

ロードバイクの魅力って何ですか?

  • スポーティなカッコ良さが◎!

    ロードレースとともに進化を続けてきたロードバイク。シティ車やクロスバイクといった他のジャンルの自転車と比べて明らかにスポーティでカッコイイ! 高級スポーツカーがレースのために存在するクルマではないのと同じように、趣味のひとつとして「所有欲」を満たしてくれるのも魅力です。

  • 速く、ラクに遠くまで走れる

    もともと、舗装路を高速走行する競技車両として開発されてきただけに、その走行性能は折り紙付き。他の自転車と比べ、ラクに高速で走れるロードバイクは長距離走行もお手のものです。今までは電車やクルマで出かけていた10km・50km・100km先の目的地が、自転車での移動範囲になるかもしれません。

  • 単なる移動もスポーツに

    シティ車では淡々と走っていた通学路や通勤路も、自転車がロードバイクに変わるだけで走りたい気分もアップ!気づけば乗る頻度や距離も伸びていき、自然と運動量も増えていくかもしれません。走る楽しさに目覚める頃には体力が付き、ダイエット効果も現れ、もっと走りたくなる……相乗効果が生まれます!

  • 同じ趣味の仲間が増える(かも!?)

    本格的なレースだけではなく、仲間と気軽に参加できる耐久レースやロングライドなどのイベントが全国各地で開催されています。普段は味わえない達成感を味わうことで、友人との絆が深まったり、同じ趣味を持った仲間の輪が広がったりするかもしれません。

自転車に乗ると足が太くなる!?

スポーツとして自転車に乗ると、足が太くなりそう……そんな不安を抱える女性がいるかもしれません。しかし、そんな心配はご無用! 例えば競輪選手のように、大きな力をかけて全力でペダルを回し続ければ、筋肉が発達して太くなりますが、普通に乗っていてそこまで足が太くなることはありません。ペダルを漕いでいて「重い」と感じない程度の軽めの力でクルクル回していれば、逆に足が引き締まっていきますよ!

ロードバイクはどう選べばいい?

ひとことで「ロードバイク」といっても、選ぶためには準備や予備知識も必要です。
以下の内容を踏まえて、お店で相談するのが安心です。

  • 目的や使い方で選ぶ

    目的や使い方で選ぶ

    同じロードバイクでも、用途によって特徴が異なります。長距離を走りたい、速く走りたい、レースに出てみたい、通勤に使いたい……など、目的や使い方がはっきりしているとより選びやすいでしょう。

  • 予算で選ぶ

    予算で選ぶ

    他のスポーツ車同様、ロードバイクの価格帯は幅広く、シティ車に近いものから驚くほど高額なものまで存在します。その価格差の理由は、おもにフレーム素材や装着されているパーツのグレードの違いによるもの。グレードの高いものほど重量が軽く、軽量なものほど高価になる傾向があります。最初は無理のない予算で使い方に合ったものを選びましょう。

  • 自分に合ったサイズを選ぶ

    自分に合ったサイズを選ぶ

    ロードバイク選びで重要なのは自分の体格に合ったサイズを選ぶこと。とくに長距離を走ることも考慮されるロードバイクの場合、大きすぎても小さすぎても体勢に無理が出てしまい、快適に走ることはできません。多くの場合、いくつかのフレームサイズが用意されているので、ショップスタッフに相談して適正サイズを選びましょう。

初めてでも安心!オススメのロードバイクはこちら!

  • モーメンタム iWant RC Tiagra

    モーメンタム iWant RC Tiagra

    流麗なフォルムに加え8.8kgという軽さが魅力のフルカーボンロードバイク。本格的な走りが味わえるコストパフォーマンスに優れた1台。

    10月中旬発売

  • モーメンタム iWant R Tiagra

    モーメンタム iWant R Tiagra

    ロングライドからレースデビューまで幅広く活躍するアルミロードバイク。微振動を和らげるカーボンフォークの採用で快適走行が味わえる。

    10月下旬発売予定

  • モーメンタム iWantR-Claris

    モーメンタム iWantR-Claris

    初めてのロードバイクとして安心して選べるコストパフォーマンスの高いモデル。サブブレーキ搭載でドロップハンドルデビューも安心。

    12月上旬発売予定

※上記商品は店舗によりお取り扱いのない場合がございます。

ロードバイクに乗るために揃えておきたいアイテムは?

  • ヘルメット

    ヘルメット

    シティ車と違い圧倒的に速度域が高くなるロードバイクにはヘルメットは欠かせません。安心して高速走行を楽しむための必須アイテムです。

  • グローブ

    グローブ

    グローブは、手に伝わる衝撃を緩和してくれるだけでなく、長距離走行時の疲労も軽減してくれます。また、転倒時のケガも防止します。

  • 自転車用ウエア

    自転車用ウエア

    スピード走行や長距離走行など、「スポーツ」を意識する場合は、それに適した自転車用ウエアを揃えておきたいところ。長距離を走る場合はパッド付きのパンツを着用すれば、お尻が痛くなる不安も軽減します。

  • ボトルケージ&ボトル

    ボトルケージ&ボトル

    気温が高い日や、長距離走行時に欠かせないのが水分補給。ボトルケージを装着してボトルに水分を常備しましょう。喉の乾きを感じる前に補給すことが大切です。

あると便利&役立つアイテム

  • アイウエア

    アイウエア

    紫外線や飛び石、虫などから目を守ってくれるアイウエア。昼間はサングラス、夜はクリアレンズのものなど使い分けるのがオススメです。

  • サドルバッグ

    サドルバッグ

    パンク修理用のキットや工具類など、ちょっとした小物を入れておくのに最適なサドルバッグは、あると便利なアイテムです。

  • アームカバー

    アームカバー

    日焼けは想像以上に体力を消耗します。半袖のシーズンは日差しが強い日に限らず、アームカバーを使ってUVケアしましょう。

  • サイクルコンピュータ

    サイクルコンピュータ

    走行スピードや距離が表示されるため、走る楽しみも倍増。スッキリ装着できるワイヤレスタイプがオススメです。

※掲載の商品は参考商品です。

走り出す準備はこれでOK!

Footer img
特集