電動アシスト自転車で行動力も楽しさもどんどんアップ! -電動アシスト自転車選び編

坂道が多い街での移動やお子さんの送り迎え、たくさん買い物をした帰り道でも、ペダルをこぐ力をモーターがアシストしてくれる「電動アシスト自転車」があればスイスイ進んで一気に快適に。とはいえ、取り扱いに不安がある人もいるかもしれません。今回の特集では、はじめて電動アシスト自転車を選ぶ方の不安も解消します!

なぜ電動アシスト自転車を選ぶの?

みなさんが「電動アシスト自転車」を自転車選びの選択肢に加えた理由はなんでしょう?

ペダルをこぐ力をモーターがアシストしてくれる電動アシスト自転車はラクで快適!なのですが、無限にアシストしてくれるわけではなく、誰にとっても快適とは言い切れません。

「周囲に坂が多く、坂を登るのがツラくなってきたから」、「子どもの送り迎え用にすすめられて」、「体力がなくてもラクに走れそう」……など事情はさまざま。自分の体力や使い方を踏まえた上で電動アシスト自転車選びをはじめましょう!

どんな電動アシスト自転車があるの?

ひとくちに電動アシスト自転車といっても、いくつかのタイプに分かれています。
まずは使い方に合ったタイプを考えてみましょう。

スタンダードタイプ

日々の買い物やお出かけに対応するモデル。

子乗せタイプ

小さなお子さまの送迎にピッタリの子乗せ対応モデル。

スポーツタイプ

無理なく運動不足を解消できるスポーツタイプのアクティブモデル。

↓

今回は、この時期もっとも需要の多い「子乗せタイプ」をメインに電動アシスト自転車の選び方を紹介します!他のタイプに共通する部分も多いので参考にしてみてください。

子乗せのタイプもさまざま

電動アシストの子ども乗せにもさまざまなタイプがあります。
まずはお子さまの成長に応じて選びましょう。

前子乗せタイプ

前子乗せタイプ

1歳〜2歳(体重15kgまで)程度が目安。お子さまの様子が分かるため安心です。前子乗せはお子さまが成長後、買い物カゴとして使えるものが便利です。

後子乗せタイプ

後子乗せタイプ

2歳以降〜6歳未満程度が目安。後ろ乗せ用の子乗せを標準装備しているモデルは少ないため、付属していない場合は別途専用の子乗せを購入する必要があります。お子さまの様子が見えないため、シートベルトはしっかり固定しておきましょう。

子乗せを標準装備していないモデルのメリット

子乗せを標準装備していないモデル

「幼児2人同乗基準適合車」の中には、子乗せは付属していないモデルもあります。この場合、前後とも子乗せの購入が必要になりますが、お子さまが成長してからも通常の電動アシスト自転車として使うことができます。

※お子さまの成長は一人一人違うため、目安としてお考え下さい。
※幼児2人同乗基準適合車であれば、前後に専用子乗せを取付ければお子さまを2人乗車可能です。

子ども乗せタイプには前22型/後26型、前後20型などタイヤサイズがあります。それぞれメリット・デメリットがあるので用途に合ったものを選びましょう。

前22型/後26型の場合

◯

タイヤが大きいと、タイヤが転がろうとする力も大きくなり直進安定性能が高くなる。

◯

乗り揚げが比較的ラク。

△

タイヤの小さな自転車に比べ子乗せの装着位置が高いため、お子さまの乗せ降ろしが少し大変。

前後20型の場合

◯

足付き性が良く、小柄な人も安心。

◯

お子さまの乗せ降ろしがラク。

△

大きなタイヤと比べ段差での衝撃が大きく、乗り揚げにくい。

電動アシスト自転車に共通して選ぶポイントとなるバッテリーや走行距離の関係についての疑問にお答えします!

1回の充電でどれくらい走れるの?

バッテリー容量によってことなりますが、標準モード使用時で約20km程度のものから大容量になると 80km 近く走るものまで。

走る距離別充電回数の目安

走る距離別充電回数の目安

上記表のようにバッテリーの容量が大きく走行距離が長いものがよいというわけではなく、容量が大きくなると価格も高くなります。走る距離や充電頻度など自分の生活スタイルに合わせて選ぶのがおススメです。

バッテリーの充電時間や電気代が気になる!

充電時間はバッテリー容量にもよりますが、少ないものでは1.5時間程度から大容量になると6時間程度が目安となります。1回の充電にかかる電気代の目安は各社5〜10円ほど。

バッテリーの寿命はどれくらい?

一般的なバッテリー(容量5.0Ah〜13Ah程度)の寿命は充電回数を目安として各社700〜900回程度。バッテリー残量が少なくなってから充電するのがバッテリーを長持ちさせるポイントです。

※バッテリーの寿命、充電回数は、あくまで目安です。充電方法や保管方法、使用状況により異なります。詳しくは各社メーカーのカタログ、ホームページ等でご確認ください。

走行中にバッテリーが切れたらどうなるの?

バッテリーが切れるとアシスト機能は働きません。普通の自転車として走ることはできますが、アシストが切れてしまうとただの重い自転車になってしまうため、バッテリー残量に注意し、しっかり充電しておきましょう。

自転車通勤を安心して楽しむために

ヘルメット

ヘルメット

お子さまの安全を守る必須アイテム。子乗せにお子さまを乗せる際は、転倒時の頭部の怪我を防ぐためにも着用させてあげましょう。

防寒カバー

寒い季節の防寒にあると便利なアイテム。

グローブ

後付け子乗せ

子乗せを標準装備しないモデルや、片方しか子乗せが装備されていないモデルの場合、追加で子乗せを購入する必要があります。

レインカバー

レインカバー

雨の日にお子さまが濡れてしまうのを防ぐ便利なアイテム。使っている子乗せに合ったものを選びましょう。

オンラインショップでもご購入いただけます

お子さまを安心して乗せるために

電動アシスト自転車に限った話ではありませんが、お子さまを乗せ降ろしする際は、自転車を平坦な場所に止め、スタンドをしっかりロックすることを忘れずに。前子乗せの場合、ハンドルが回らないようロックできるモデルが便利です。また、お子さまは予測のつかない行動をするため、急に暴れて自転車が倒れてしまうことがあるかもしれません。ちょっとの時間でも、お子さまを乗せたまま自転車から離れないようにしましょう。

特集