自転車の事故について

自転車の事故がテレビをはじめ、さまざまなメディアで取り上げられている昨今。実は自転車の事故自体は年々減少する傾向にあります。にも関わらず、これだけ注目されるようになったのはどうしてでしょう? 今回は、自転車の事故について考えてみましょう。

もしも自転車で事故をおこしてしまったら?

減少傾向にあるとはいえ、平成26年度の自転車事故件数は全国で11万2000件ほど。

単純計算して、1日当たり300件以上の事故が発生していることになります。そして、注目されるようになったのは、第三者に対する補償額の大きさについて。高額の賠償請求がされる重大事故が度々発生しているからです。第三者を巻き込んでの事故を起こした場合(単独での物損事故を含む)、自転車といえども賠償責任が発生することを覚えておいて下さい。

Section 1 fig

自分自身が大きな怪我をしてしまったら?

小さな子供をはじめ、歩行者の急な飛び出しを回避するために転倒…… 自転車の事故の中では比較的ポピュラーな事故です。

このような単独事故の場合、事故の誘因という意味で歩行者側に責任が課せられる可能性がゼロとはいえませんが、基本的には自転車側による単独の自損事故として処理されます。つまり、第三者に原因があったとしても、転倒による怪我の治療、死亡もしくは後遺症害に対する賠償を課すことは難しい。自分自身や家族の生活を守るためにも、自転車保険に加入する必要性があるのです。

Section 2 fig

だれかに怪我させてしまったら?

報道などで取り上げられる第三者への高額な賠償責任。 兵庫県はすでに自転車保険の加入を義務化。

後遺症害が残るような重傷事故や死亡事故など、その賠償額が高額になるケースも少なくありません。もちろん、自転車はクルマやオートバイのように強制保険への加入が義務づけられていないため、自らが任意で保険に入らない限り、高額な賠償金を支払うことが困難になります。また、人身事故だけではなく、対物事故への保証も念頭に置いておくべきです。クルマをはじめとする第三者の財物を破損した場合にも、同様に賠償責任が課せられます。その必要性を重んじて、兵庫県ではすでに自転車利用者及び未成年者の保護者や事業者に対して自転車保険への加入を義務化。また、大阪府でも自転車の利用者を対象とした保険の加入が勧奨されています。

Section 3 fig

自転車の事故を未然に防ぐためには?

自転車の点検や設備をこまめにおこなうことで防げる事故もあります。

自身の運転が引き金となる自損事故から自分が加害者となる対人・対物事故まで、その大半が不慮の事故であり、それらを完全に防ぐことは不可能といえます。しかし、その原因を取り除いたり、事故が発生する可能性を抑えることはできます。例えば、自転車の点検や整備。これらをまめにおこなうことで、防げる事故もあるからです。クルマに車検や定期点検が義務づけられているのは、運転者自身および第三者の命を守るため。自転車が車両である以上、たとえ義務化されていなくても同様の意識を持つことが大切です。定期的な点検&整備は、自転車に乗る人の責任といえるでしょう。

Section 4 fig

さらに、あんしんの自転車ライフをおくるために

イオンバイクでは、新車購入時にご加入いただける「自転車安心パック」をオススメしています。

自転車の点検・調整が無料。さらには修理やパーツ購入にかかる費用が抑えられ、 万一に備えるプレゼント保険まで付いた充実の内容となっています。

自転車あんしんパック特集はこちら